どうしても気になる場合は、剪除手術を!

自分の脇について初めて気になったのは、中学生の頃でした。白い服を着ると脇のところに黄色いシミができるようになったからです。両親に話したところ、「誰でもそういうもの」と言われ、その際はモヤモヤとはしましたが、納得しました。
 高校生になり、体臭が気になり始めました。ただ、脇汗は非常に多いものの、臭いと感じることは少なく、こういうものかな、と思っていました。当時はスプレータイプのデオドラントを朝1回使用していました。
 大学生になり、学内やアルバイト先でいろいろな人と触れ合うようになり、また自分自身でも臭いが少し強くなってきたと感じ始めたので、いろいろな対策を始めました。実際に行ったのは、「消臭石」「汗拭きシート」「汗脇パッド」などです。真夏以外はシャツスタイルが多かったので、汗脇パッドをシャツの脇の部分に貼って使っていました。使い捨てで少し割高だったのですが、他と比べて周りに臭いが”散布”されていないように感じ、効果があったように感じます。当時交際していた相手にも、臭いで不快な思いをさせないか気になっていました。
 社会人になり、貯金もある程度貯まってきたころ、これまで対策してきた金額も気になり始め、ワキガの根治を意識するようになりました。超音波によって切らずに治療する方法もあることを知りましたが、長く気になっていたことでもあったため、剪除手術を希望しました。
 【手術の内容】 日帰り手術でした。
 【金額】 個人差があり、「切りやすさ」(皮膚が固い/柔らかいで値段が変わると言われた記憶があります)、「切る量」によって変動するようです。事前の面談時に金額の上限/下限は教えてくれました。
 【当日の流れ】 事前予約した時間に訪問し、まず面談します。その後手術室に案内され、手術が始まります。脇の周りに数本の局部麻酔を打たれ、しばらく経過した後で剪除が行われます。局部麻酔のため、剪除中も意識はあります。剪除後にテーピングされ、1~2時間程度で手術終了しました。
 【手術後】 金額は50万円ほどでした。一週間はテーピングを外さないように言われ、またその後1週間ほどは包帯を巻いてケアするよう指示を受けました。テーピング中は腕を下まで下ろせない状態となるため、いろいろ不便です。ただ、服を着ていればテーピングは見えないので、隠し通すことは可能だと思います。患部は2週間ほどでほぼふさがりましたが、右腕のふさがり方が少し良くなかったのか、その後も右脇が少し張る状態が続いたままになっています。

 手術後10年以上が経過しました、右脇が張ったり、時々痛みがあることもありますが、臭いは再発していないと感じています。特に日本人は臭いに敏感で、何かと損をすることもあると思うので、もし気になるようであれば手術による根治を検討されたほうが良いと思います。